ページ

2014年12月23日火曜日

[Ingress] これから遊ぶ人、遊び始めて間もない人へ

 某地域の忘年会で少し話題になったため、書いてみます。
 Ingress をこれから遊び始めようとデータ収集されている人、もしくは、遊び始めてそろそろコミュニティに参加しようか悩んでいる人へ。

 他のプレイヤー(エージェント)や、コミュニティとの関わり合い方についてです。

エージェント名の付け方

結構重要。なぜなら、Flash Farming やら何やらで集まったとき、エージェント名を名乗り合うわけですよ。
 例えば「あーどもども。はじめまして。○○付近や△△付近で活動してます。<エージェント名>です。よろしくお願いします。」と。
 コレばかりは落としどころを自分で見つければ良いかと思いますが、アドバイスとしては次のようなものが挙げられます。
  • 読みやすい名前にすると良い
    • インパクトがあると、覚えて貰える確率は上がります
    • ただ、避けた方が良い物としては、イニシャルだけ、数字の羅列、 既製品の名前など。
    • まま、由来を聞かれたりしますので、そういったネタも含めてうっすらと考えておくと、酒のつまみになります。酒を飲まないような地域だと知りません。埼玉では飲みます。なぜでしょうかね。
  • 本名、本名のもじり、親類の名前、所属組織(会社など)の名前は避ける
    • 気にしない人は気にしません。周りの人の方が、はらはらします。知らなくても良いことまで、知ってしまった的な。
  • 下品、下ネタは避ける
    • Ingress は大人のゲームです。小学生にウケてもねえ。
  • 他のアカウントと全く同じものは避ける
    • 紐付ける、あるいは、その人の歴史を紐解こうと考える人も居ます。別に気にしないとか、むしろそれが良いのであれば、この項目は忘れてください。
  • ネカマ、姫プレイを目指した名前も避ける
    • 繰り返しますが、現実に他のプレイヤーと遭遇します。かなり高い確率で。いいもーん、恥ずかしくないもーんという方は、この項目を忘れてください。
  • 英単語ならスペルチェックを忘れずに
    • まれに、綴りを間違えていて、いろいろ悶々とすることがあります。kuraudo 的なローマ字なら、まーそうなのかなーとは思いますけども。
やべぇ、やらかした!という人は、エージェント名が一度だけ変更できるそうなので、お試しを。「ingress エージェント名の変更」などで、ぐぐると方法が出てきます。

Google アカウント

ゲーム内で遊ぶため、あるいは、後述のコミュニティへ参加するためには、Google アカウントが必要です。ゲーム用に新しく、ひとつだけ取得することをお勧めします。
  ひとつで良い理由は、前述のエージェント名に関係があり、Google アカウント名と同じにしておくことで、G+へ投稿したとき、はたまた、ハングアウトで発言したとき、識別しやすくなるためです。
 それから、G+プロフィールのアイコンは、ユニークな物ですと、覚えられやすくなるかなーと思います。


コミュニティへの加入

ゲーム内のチュートリアルが終了した頃、つまり、Access Level 3前後でゲームに多少なりとなれてきた頃、考えてみると良いかと思います。
 Ingress は、エンドコンテンツしかなく、しかも、そのコンテンツはプレイヤー同士で作っていくしかないのです。せっかく多人数で遊ぶゲームデザインなので、つるんで楽しむ方がお得ってものです。
 Ingressでは、Google plus (以下、G+)、ハングアウト(チャットツール)で連絡/連携を取ります。
 関東のEnlightenedでは、関東全域、もしくは、東京都内のG+コミュニティである http://enl.tokyo/ があります。また、各県にコミュニティが存在する場合もあります。
 例えば埼玉でENLな人は、埼玉コミュに入りましょう。 Ingress の話題が、食べ物に押される不思議なコミュニティです。
 コミュニティへ加入申し込みする際は、大抵、エージェント名と活動地域、実際の活動の有無が確認されます。幽霊部員的な人は、ちょっとばかり不利です。申請(リクエスト)したら、数日~1週間程度の時間がかかります。まったりと待ってみてください。
  青の人もきっと似たような感じでしょう。

 さて、コミュニティに加入したら、自己紹介をしましょう。G+へ投稿する方法に慣れておくこと、および、地域のハングアウトに招待して貰うためです。
 コミュニティ内の左側部分に、自己紹介等のカテゴリがあると思いますので、他の人の最大公約数的な真似をすると宜しいかと。

 レベルが低くても大丈夫。コミュ障でも大丈夫。相手が人であることを忘れず、尊敬の念や誠意を持って、メッセージを書いてみましょう。


 他にもネタがあったかもしれないけど、眠くなってきたのでこれでおしまい。
 緑も青も、適度に仲良く、適度に敵対してやっていきましょー。


0 件のコメント:

コメントを投稿